読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27歳で死ねるように。

27歳までに後悔なく死ねる人間になりたい

最近、寿司が食べたくて仕方がない。理由を探していると今月はまともに飯を食べていないからだと気付く。同棲している彼女に家賃が払えない、実家に帰らないと言われて5万円貸したなぁ、と。だから自分は給料日前にして色々な人にお金を借りて生活しているの…

背中

例に漏らず、最近の僕の中での星野源ブームが5年ぶりくらいに来ているこの頃。会社の帰り道、また電車代をケチって280円分(40分)歩いて帰った。ブームなのだからもちろん星野源が耳を塞いでる。耳から入った星野源が僕の血と肉となりもはや僕は星野源である…

やりたいことから逃げる人生

タラレバ娘を今更ながら追っかけて見ている。1話〜4話までは何も思わず見ていたのに5話からいきなり辛くなった。「苦しめよ」という言葉がガンガンに響いた。周りのみんないう「好きなことやればいいじゃん」という言葉はちっちゃな常識で生きるなという意味…

布団

ここ最近、同棲してる彼女が機嫌悪いなぁと思いながら過ごしていた。 ケンカをするのはいつものことで基本的に僕にも悪いところがあるから仕方ないといつも謝って過ごしていた。でもここ最近、家に帰ってこなくなった。さすがに怒りはしないけれど、不安だ…

人間、思っているより捨てたもんじゃない

今朝、いつもお世話になっている方から連絡があった。「今日時間ある?」きっと最近の僕のことで怒られるのだろう。と思いながら待ち合わせに向かった。出会い頭、開口一番に「大丈夫か?」と言われた。身体の力が抜けるのがわかった。「最近、家に引きこも…

ちょっとしたパーティなど存在しない。

「ちょっとしたパーティ」とはなんだ?僕にはわからない。けれども「ちょっとしたパーティに行く服装」はなんとなく想像がつく。それはきっと少し動きやすい服であろうし、露出は少ない服であろう。オートクチュールのドレスではなく、プレタポルテの服であ…