27歳で死ねるように。

27歳までに後悔なく死ねる人間になりたい

最近、寿司が食べたくて仕方がない。

理由を探していると今月はまともに飯を食べていないからだと気付く。


同棲している彼女に家賃が払えない、実家に帰らないと言われて5万円貸したなぁ、と。

だから自分は給料日前にして色々な人にお金を借りて生活しているのか。


新年に仕事用のノートパソコンとバッグを買いたいと思いながら今日までズルズル今月は無理だ今月は無理だと引き伸ばしてきたけれど、4月になったら新卒の子が入ってきてしまう。

その前にノートパソコンとバッグくらいは買わないと、と少し焦ってきた。


人間というのはお金がないと本当に心が荒んでくるから良くない。

隣の人が昼飯にデザートを食べているだけで殺意が湧いてくるから精神衛生上よろしくない。


こんなに自分がお金がなくて好きなことも出来ずにいるのに彼女は定期的に入ってくるお金で飲み歩いている。家に帰らない。

もはや、なにも言うことがないほど、気持ちが良いですね。

でもお金がなくてホワイトデーになにもしてあげられなかったからこっちも何も言えないなぁ、などと思ったり。


しばらく飲み屋の友達とも会わないでひたすら仕事しているとどんどん行動力がなくなって行くことがわかる。

昔だったら家のことをやるより早くどこに行きたい、誰に会いたい、何を見たいと行動が起きたのに、ひたすら家のことをやって穏やかに寝ていたいと思っている。

もはや楽しいと思えることがないのが当たり前になってしまった。

彼が大人になると言うことなのだろうか。


今日は中退した大学の卒業式だったそうだ。

きっと同期は袴を着てたり、朝まで飲み明かして社会人になる自分の決意を言い合っているんだろうなあ。

きっと再来月くらいには今が1番楽しかったと思うのかもしれない。

社会的に許された有限のモラトリアムで好き勝手してる時ほど楽しいことはないだろう。

ダメだ、中退の僻みだ。

今日は早く寝よう。


明日は給料日だから彼女に美味しいものを食べさせてあげよう。

お寿司でも、ステーキでもなんでも食べさせてあげよう。

お腹いっぱいで眠くなってしまったと言ってる時の彼女の顔が好きなんだよな。